電マはプレイの幅を広げてくれる必需品

電マという道具はどこにあてても振動が全身にくる素晴らしい道具で、もはやアダルトな意味での道具にしか見えません。
そんな電マを使ってできる素晴らしいプレイについていくつか紹介してみましょうか。
まず1つ目の素晴らしい電マプレイといえば、やはり股間にあてちゃうことでしょう。
いきなりすぎて無粋と思われる方もいるかもしれませんが、やはり股間にあてるというのが最大の楽しみでもある道具なので、股間に当てて、思いっきり潮をふかせて楽しむのがおすすめです。
この時なるべく一番気持ちい所を見つけ出すことが重要で、そうしてあげないことには、ただ単なる振動だけする道具になり果ててしまいます。
そうなってしまってはせっかくの素晴らしい道具が台無しになってしまうので、いわゆるスポット的なものをしっかりと見つけてあげましょう。
次に紹介するのは、これも基本的ではあるのですが、おっぱいにあてるというプレイなのです。
あの形からして、おっぱいにあてるとちょうどいい大きさということも多く、乳首を中心としておっぱい全体を刺激していってくれるのです。
この時も股間の時のような注意が必要で、一番圧力がかかるであろう場所は必ず乳首にあたるように調整しておきます。
確かにおっぱいのどこでも気持ちよくさせることは可能なのですが、せっかくなら一番気持ちいい状態になってもらいたいものなので、しっかりとおっぱいというよりは乳首にあてるように気を付けて使いましょう。
最後に紹介するのが、あまり利用されていない方法で、お尻にあててしまうというものです。
おしりのお肉というのはかなりの脂肪分を含んでいて、ブルブルと震えるので、かなり見た目的に派手なものがあります。
ちなみにお尻にあててあげると、アナルにも刺激が行くようなので、そっちでのプレイを考えている場合は、その事前準備となるかもしれません。
このようにいくつかの方法で電マでのプレイを存分に楽しみましょう。

バイブの設置位置と利用場所をレクチャー

バイブは一番メジャーなアダルトグッズで、もはやアダルトな話題の場合には欠かすことができない存在と言えるでしょう。
そんなバイブも使い方や使う場所などを間違えてしまえば、単なる超小型マッサージ機となり果ててしまいます。
そうならないためにも、ちゃんとした使い方を覚えておかないと、いざというときに女の子に笑われてしまうかもしれません。
まずは設置個所についてですが、小さいピンクのものであれば、それは乳首に装着しておきましょう。
このときただ押し当てるだけでは心もとないので、出来ればガムテープなどで固定してあげると気持ちいいし、いちいち抑えてあげなくていいので楽です。
ちょうどチンコのような形をしているバイブについてで、もちろん股間にあてがうわけですが、その前にはしっかりを濡らしておいてあげないと、女の子がいたがってしまいかわいそうなことになってしまいます。
実際に股間に入れる時も、出来るだけ優しく入れてあげて、もしも自動で動くものであれば、そのスイッチを入れた状態で放置して上げ、そうでないものであればこちらで動かしてあげることが大事です。
他にもお尻に入れてあげるようのものなんかも存在していますので、お尻にはそれを突っ込んでおいて、前の穴は自分で楽しむなんて言う方法もあって、そういった使い方こそ理想なのかもしれません。
次に利用場所になりますが、やはり一般的な家などが基本になりますね。
本当はゲームなどのように、外でつけた状態にしてあげたいのですが、それはなかなか難しいので、あまり現実的ではないかもしれません。
最後になりますが、たくさんのものが用意できた際には、是非全身にあてがってから放置してみてあげてください。
そうすることで、普段は見られないような反応が見えて、いがいな一面を知ることが出来るかもしれません。
他にもたくさんの楽しみ方がありますので、是非女の子と一緒にいろいろと試行錯誤して楽しみましょう。

バイぶ機能付き携帯で女性を絶頂に導く

あんまりバイぶって使った事がないですね、というか一度として使った事も無ければ触った事すらありません。携帯電話とかの振動機能としてはありますが、それ以外の所謂大人のおもちゃは全くありません。

でも、これは女性には相当人気のグッズの様ですね。AVとか見てても、これでオーガズムに達する事が多いようです。クリトリスの辺りにこれをあてがってる光景をよく見ます。一説にはペニスの挿入自体はそんなに気持ちよくならないと聞きます。なんか、そういう話を聞くと悲しくなりますね。嘘でも良いから感じていると言って欲しい気がします。

結局、これはモーターの動きを振動に変えている訳ですから、人間が機械に負けたとも言えるでしょう。あぁ今まで何のために勃起させて腰を振り続けてきたんだろうという男性の悲しい表情が目に浮かびます。

女性の身体にしても、もうちょっと膣内に性感帯が集中していたら良かったんですけどね。なんかもうクリばっかりじゃないですか。でも、それを言いだしたら男性も似た様なもんでしょう。自分も亀頭しか感じません。それ以外は正直くすぐったいだけで辞めて欲しい位ですからねぇ。

よし!そんなにバイぶが感じるのなら買いに行こうと思った男性もいるはずです。けれどこれは恥ずかしいですよね。彼女とかに、うわっばいぶ持ってるんだぁみたいに思われるのはちょっと嫌なのです。かと言って彼女側が持って来たら、それもどうなのかなと…いつの間に、どこで買って来たんだろうと、そっちの方が気になってしまいます。

色々考えてみたのですが、わざわざ買う必要もなさそうです。携帯電話のバイブ機能を使えばそれと同じ様な効果を得る事ができるはずだからです。普段使う物をセックスに活用するのは嫌だと言うのなら、ゲーム機の振動機能付きコントローラーでも構いません。本来の使い方ではありませんが、工夫次第でいかようにでも楽しめる事をこれらの物は教えてくれているのかも知れません。

ここ5年程度の間に手マンという語が広まった

手マンという言葉を始めてみた時、ヒーローか何かではないかと思ってしまった。要するにハンドマンという事である。子供向けの戦隊ヒーローとして登場したのかと思ったが、実際はそうでは無かった。何とこれはエロ用語だったのである。

手でマンコを刺激するから、こう言うのだそうだ。もうちょっとキレイな言い方が出来なかったのかなぁと思ってしまうが、毎度の事なので仕方がないと諦めるしかない。AVとかではお馴染みの行為である。パンツの上からそして、脱がしてグリグリとバイぶに頼らず手のひらで刺激していく姿を見た記憶がある人もいるかと思う。

アレに関して、長らく呼び方は決まっていなかった。しかし、何でも名前を付けたがる人がいるのだろうか、ここ最近になって急に広がりを見せている感じだ。おそらくは5年以内ではないかと思う。10年前は誰ひとりとして使っていなかった様な憶えがある。

私は男なので分からないが、女の子に聞いてみた所、それなりに気持ちが良いのだそうだ。だからセックスする時にはこのテクニックを取り入れる様にすると良いだろう。ただ、初心者の場合、どれくらい触れば良いかの加減が難しいと思う。これが基準ですという物がある訳ではないからだ。女の子側はマスターベーションをする時にここに頻繁に触っているから、どの程度の圧力、触り方であれば問題がないかという事が理解できているはずだ。

だから未経験の男子に手マンのコツを教えてあげるようにしよう。先生と生徒の如くやるのである。これはこれで一つのプレイとして成立するのではないだろうか。男性も教えられれば直ぐに理解できる様になるから、1回切りのお楽しみプレイでしか無い。しかし、その後は気持ちのいい手マンを味わえるようになるから、それ程残念に思う必要も無いだろう。手で陰部を刺激する事自体は太古の昔から行われてきたが、やっとこれに名称がついた訳で、改めてそれに関して考える良い機会になるのではと私は思っている。

女の子もエッチ好きでばいぶ使っておなにーする

女の子の体を見たい、ちょっとでも見せて欲しい、下着を見たいという願望は男であれば自然なことかもしれませんが、その気持ちがエスカレートしてくると女の子がエッチなことをしているところ、つまりおなにーしているところを見てみたいと思うものです。実際男ばかりがエロだと思われがちですが、女の子もかなりエッチが好きなのです。そしてそのような女の子はひとりベッドの上や布団の中でおなにーしているのです。そのような女の子はエッチなことを想像したり、そうしたアダルトビデオを見たりしながらそうした行為をしていきます。特に彼氏がいないと寂しくなり彼氏に刺激してもらえないので自分でするのです。アダルトグッズが売れるようになっていますが、女の子が内緒でバイぶを購入することも普通のことなのです。そしてそうした道具を使ってアソコを刺激してより興奮するのです。

アダルトビデオでは女の子特に制服を着ている女の子たち、女子高生風の女の子たちが学校のトイレでそうした一人エッチをしていたりします。ネットで検索すればおなにーどうがは腐るほどあります。ミニスカートを自分で持ち上げてパンティを下ろしてはあはあするという女の子がいたら本当に嬉しいですし、見たいのです。またオフィスで他の社員の人たちにはばれないようなところでおなにーするという場面での動画もよくあります。きちっとした服を着ているOLがスカートの中に手を入れるで感じているというのはどきどきしますし、そんな女の子がいたら手伝ってあげたいと思ってしまうのです。おなにーは男は毎日のようにするかもしれず当たり前のようなものですが、女の子がそうしたことをするのは興奮します。なにかいけないことをしている女の子、それも見た目はそんなことは一切しないような純朴な女の子が実はエッチが大好きで、男がいないならば自分でするしかないと一人でエッチしているおなにーどうがはたまりません。若くてかわいい女の子のそうした行為を見てみたいですし、濡れ濡れになるシーンは大興奮なのです。

若い人達こそおなにーを積極的にすべき

若い人達に、自分は何をすべきですかと尋ねられたとする。そんな時に私ならば迷わずおなにーをしなさいと言っておきたい。男は勿論、女の子もバイぶを使っておなにーすべきだ。理想的なのはセックスだが、まだ若い人だとパートナーがいないという可能性も高いし、いたとしてもイケメンや美女に限定されると思う。だが、自分で処理する事は全員が可能なはずだ。そういう意味でもこの言葉なのである。

歳をとってからでも幾らでも出来るのだから慌てなくてもいいのではないか、との意見は大間違いである。腐っても鯛なんて諺があるが、物が同じだったとしても、その内容に大きな違いが出てきてしまうのだ。簡潔に行ってしまえば歳をとってからの自慰行為はそれ程気持ち良くないのである。

これは若い時にはどうしても気が付きにくい事だと思う。いまの状態がこれからも続くだろうと無意識に思ってしまうのだ。だが、現実は厳しいものである。不思議な事に快感がガクンと減ってしまうのだ。その境目は20代半ばくらいだろうか、もちろんそれ以降の事もあるだろうと思う。原因がどこにあるのかは定かでない。もし解明されていたらネットで話題になるだろうから私だって知っているはずだ。まぁ原因が分かった所で解決法が分からなければ意味がないというのはあるだろう。

おなにーが気持ち良くなくなったのは、今までの経験回数が影響しているという説もある。仮に中学1年生の12歳から1日1回のペースで始めたとしよう。そうすると成人するまでの8年間で約3000回もの自慰行為を行う事になるはずだ。幾ら気持ち良い事であっても、これだけの回数をこなしていれば脳が飽きてしまうのも納得ではないだろうか。それでも私がこの年齢だった時は、まだそれなりに快感を得る事が出来た。

ここからおなにーの回数はさらに増えて行くばかり、当然快感も少なくなっていった。もう一度若い頃に戻りたいというのが正直な所だが、それは無理である。だからこそ若人達には精いっぱいおなにーを楽しんで欲しいと思っている。

PAGE TOP ↑